借地借家法と旧借地法

借地権とは、他人の土地を借りてその地代を支払い、自己所有の建物を建て使用する権利のことです。土地を借りて建物を建てる者は借地権者や借地人といい、地主は借地権を設定している者なので借地権設定者や底地人といいます。

平成4年8月1日に改正された借地借家法で大きく変わったことは、「定期借地権」の制定です。従来の借地契約とは違い、定められた契約期間が満了となれば更新することなく契約関係が修了となることで、「一般定期借地権」は50年以上、「建物譲渡特約付借地権」は30年以上、「事業用借地権」は10年以上50年未満の存続期間が明確に設定されています。また、旧借地法では借地人が契約期間の途中で建物を建て替えた場合に、契約期間が建て替えを行ったときを始点にしてリセットされ期間が延長できるのに対し、新法では契約期間中に建て替えを行っても、最初に結んだ契約期間が満了すると契約修了となり借地が返還されることになりました。

ほかには旧借地法では契約期間満了で借地を返還する条件として、借地人が所有していた建物を地主に買取ってもらうことを請求することができました。しかし新法ではこの請求ができなくなったことや、期間満了時の立ち退き料も必要なくなりました。